急速なITの進化についてこれるか不安

私には二歳の息子がいます。かなり早すぎるのですが、息子用にとタブレットを購入しました。幼児向けの教育アプリをいくつかダウンロードして、動画で気に入っているものはお気に入りに登録してあります。購入して何日かで、息子はスライドさせる操作を覚え、どの部分を押せば見ることができるかということを覚えてしまいました。
そして、ちょうど同じ時期に私たち夫婦もガラケーからスマートフォンに変更しました。私たち夫婦はスマートフォンに慣れるまでほんとうに四苦八苦しました。最初は電話の掛け方さえも分からず、変更したことを少し後悔したぐらいです。しかし、今では、基本的な操作もできるようになり、友人との連絡のやり取りもパソコンをわざわざ開かなくてもいいという利便性から、変更して良かったと思っています。これからの未来はもっと複雑で便利なIT機器が誕生していくのだろうと考えています。どんなものができていくのか想像がつきません。この便利な世の中を喜んでいるのは、そういった機器を使うことのできる人たちだけだという思いもあります。

実際に、高齢者には使い方もわからないわけで、何が便利なのか実感することがないのではないかと思います。しかし、いつかは、私たち夫婦も高齢者になります。その時には、もっと進化したものが主流になっていると思います。それを考えると、使いこなすことはできないと思いましたし、そうなってくると時代に取り残されてしまった気分に陥るのではないかと思いました。まだ、そういったものに対して興味が少しでもあるようなら、息子に教えてもらいながら時代の波に乗っていきたいのですが。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です